血管若返りの秘訣とは?

血液の流れをよくして血管年齢の若返りをはかることで、動脈硬化をはじめとした危険な病気を予防することができます。若返りの秘訣としては食事や運動の改善が最適な方法といえますが、血液の流れを良くするサプリメントを併用することも効果的であるといえます。


まず最初に食生活の改善を行いましょう。食事は毎日の基本となるものであるため、一番重要であるとも言えます。血管年齢が高くなっているということは、動脈が硬くなり詰まっている状態といえます。つまり血液がどろどろになっている可能性が高いということです。

食生活を改善し、血の流れを良くすることが、若返りにつながります。以前までは一度老化してしまうと若返らせることはできないといわれていましたが、近年では生活の改善や運動することによって、若返らせることができると報告されています。そのためにはできるだけ早く対処することが望ましいといえます。遅くなればなるほど、若返るまでには時間がかかるようになってしまうのです。

毎日の食事で気をつけることとしては、血液がサラサラになる食材を積極的に食べるようにしましょう。
おすすめの食材としてはタマネギ、ニンニク、青魚、納豆などがあげられます。これらのうちのどれかの食品を、毎食取り入れることで、血液の流れが良くなり、血管年齢も短期間で改善されるといえるでしょう。

食物繊維を積極的に摂取することも重要です。水溶性の食物繊維にはコレステロールの値を下げる効果があるといわれています。また水溶性食物繊維は食べ物が胃から腸へ運ばれる時間を遅くする効果があります。これにより血糖値の急激な上昇を抑えることができるのです。水溶性の食物繊維は海藻、果物、いも類、豆類、野菜等に多く含まれます。

そして普段の食事では、塩分を控えめにすることを意識するようにしましょう。塩分に含まれているナトリウムは、血圧を上昇させる作用があるため、塩分の過剰摂取は高血圧につながります。高血圧になってしまうと血管の壁はかたくなり、弾力性も失われてしまうので、血管年齢は上がってしまうのです。

カリウムには利尿作用があるため、尿と一緒に塩分を排出を促すことができます。カリウムを多く含む食材としては、カボチャやニラ、ミズ菜、スイカなどがあげられます。塩分を排出することで、血圧を安定させ、高血圧になることを予防することができます。

そしてどんな病気にも言えることですが、食べ過ぎや飲み過ぎには十分に気をつけるようにしましょう。おなかいっぱい食べてしまうと、消費しきれなかったカロリーが内臓脂肪として蓄積されてしまいます。これにより動脈硬化を引き起こしやすくなるので、常に腹八分目を意識するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*