誰でもできる!血管年齢若返り方法

血管年齢とは、血管の老化の進み具合を知るために、血管の若さを測る指標です。一般的に、加齢によって血管は徐々に硬くなり、老化していくといわれていますが、血液中の血糖値の上昇や活性酸素の影響なども、血管の老化に大きく影響を与えていると言われています。

ですから、逆に考えれば、血管年齢の若返りのためには、血糖値の急激な上昇を抑えるような食生活や活性酸素を除去してくれるような抗酸化作用のある成分を多めに摂取すること、また適度に運動して血糖値の上昇を防いだり、血行を良くすることで体内の代謝を促進させるといった方法などが有効であると考えられます。

特に糖質を多く摂る食事をすると、細胞が糖化し、血管が硬くなってしまいやすいので、普段から高血糖を防ぐための食生活の工夫が大事になってきます。
食事をする際に、野菜→肉や魚→ご飯やパンなどの主食、といった順番で食べるだけでも、急激な血糖値の上昇を防ぐことができ、血管年齢の若返りのために大変効果的です。

最初に野菜や果物、サラダなどを食べることで、血糖値の上昇を抑えて、脂肪の吸収も抑えることができます。また、ご飯やパンなどの炭水化物を空腹状態で食べると、血糖値が上昇してしまい、脂肪も付きやすくなります。

他にも、食物繊維を多く含む食品を沢山食べたり、ご飯は冷やしてから食べることでもかなりの効果があるようです。

 

抗酸化作用のある成分を含んでいる食品は数多くありますが、簡単に手に入るのはクエン酸を多く含むレモンなどの柑橘類でしょう。クエン酸は果物に含まれている酸味成分ですが、細胞内のエネルギー回路を活性化させ、老廃物の除去や代謝の促進、活性酸素の除去などに貢献します。

毎日このような果物を食べるのが大変であれば、抗酸化作用のあるサプリメントなどを摂取するのが簡単で続けやすいかもしれません。青魚に含まれているDHAなどの成分も、血液をさらさらにして血管年齢を下げるのに有効だと言われています。

また、仕事のストレスなどによっても体内の活性酸素が増加しますので、普段から適度にストレスを解消出来るようなリフレッシュ方法を持っておくことも大切なことでしょう。

 

血管年齢が増加すると、動脈硬化による脳梗塞、脳卒中などのリスクが上昇してしまいます。血管年齢の若返りによって、そのようなリスクを低減し、毎日健康で安心して生活することが出来るようになるでしょう。

食事や運動など、誰にでも出来るような毎日のほんの小さな工夫で、血管年齢を若返らせることが可能ですので、自分が出来そうだなと思えることから気をつけてみられてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*