オメガ3でコレステロールを下げるメリット

コレステロール値が高いことが原因で体に悪影響を与える病気は、脂質異常症(高脂血症)です。
血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪などが増えすぎると、良い働きをするHDL(善玉)コレステロールが少なくなってしまいます。
この血液中の脂質バランスが崩れてしまうのが脂質異常症です。

「オメガ3でコレステロールを下げるメリット」の続きを読む…

オメガ3でコレステロールを下げて不整脈を予防しよう

脈拍に乱れが起きている状態を不整脈といい、頻繁に起きると不快感や不安感をもたらします。

不整脈が起きてしまう原因の一つとして、高血圧や高コレステロール血症が挙げられます。悪玉コレステロールが増加し、高コレステロール血症になると、動脈硬化が進行しやすくなったり、脳梗塞、心筋梗塞等などのリスクも高まるといわれています。対策としては、動物性の脂肪食を減らし、適度な運動を行うなどの方法があげられますが、なかなか改善できないという方も多いのではないでしょうか。

「オメガ3でコレステロールを下げて不整脈を予防しよう」の続きを読む…

オメガ3っていったい何?

不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸グループに属するオメガ3脂肪酸は、必須脂肪酸のひとつで、人の体内で合成することができないため、食品から摂取する必要のある栄養素のひとつです。

オメガ3脂肪酸の効果は幾つもあり、特にEPAと呼ばれるオメガ3は血液の通り道を防ぐ悪玉コレステロールの働きを阻害したり、血液そのものさらさらにしたり、高い抗炎症作用をもっていて、いわば血管のアンチエイジングを行うことで、心臓病やガンの予防に高い効果があります。

「オメガ3っていったい何?」の続きを読む…